MENU

転職サイトの利用にデメリットはあるのか?

転職サイトのデメリット

 

転職サイトを利用する前に、まずは転職サイトが成り立つ仕組みを知っておくといいかもしれません。転職サイトでは、登録した転職希望者に担当のコンサルタントが付き、会員の転職をサポートします。

 

専任のコンサルタントが希望条件に合う求人情報を見つけてきてくれたり、面接で採用してもらえるためのテクニックを教えてくれたりと、実に頼もしく働いてくれます。ですが転職サイトでこうしたサポートが可能になるのには理由があります。転職サイトの多くは、企業から寄せられる求人情報を掲載し、その情報を転職希望者に紹介して企業と求職者を結び付けてくれています。

 

そしてサイトを通して実際に求職希望者と企業が雇用契約を結んだ場合、企業側から転職サイトへ成功報酬を支払う仕組みになっています。転職サイトはこの成功報酬を収益としてサイトを運営していますので、収益の為にも求職者の転職サポートに力を入れるのです。

 

転職サイトの利用がデメリットになるケース

ごく稀なケースですが、この成功報酬があだとなって転職のチャンスを逃してしまう場合があります。一つの企業の求人に対し、あなたと同程度の能力を持った人材が転職サイトを利用せずに応募している場合です。

 

あなたが転職サイトを通して同じ求人に同時に応募している場合、企業としては成功報酬を支払う必要のない人材を欲しがるでしょう。一般に企業から転職サイトに支払われる成功報酬の相場は、転職者の年収の35%とも言われています。これは企業にとっては決して少ないとは言えない額でしょう。その為、成功報酬が発生しない一般応募者に採用通知が送られる可能性があるのです。もちろん頻繁に起こり得る現象ではありませんので、一応そういう可能性もあるという事を念頭に入れておくといいでしょう。

 

担当のコンサルタントとの関係

また、転職サイト利用時の注意点として、コンサルタントとの相性が挙げられます。コンサルタントとの付き合いは、人間同士ですからどうしても合う・合わないが出てきます。もしも担当のアドバイザーと相性が良くないと感じたら、迷わず担当者を変わってもらうようにしましょう。担当者の変更はなかなか言い出しづらいかもしれませんが、転職サイト側も担当者変更の対応にも当然慣れていますので、あまり気にしないようにしましょう。転職成功の為にも、転職サイトのデメリットとなる部分と上手に付き合っていくことが大切です。

総合転職サイトランキング