MENU

転職サイトはなぜ無料?誰もが思う疑問を解決!

転職サイトはなぜ無料で利用できるのか?

 

転職サイトでは、求人情報を公開する求人サイトとは異なり、他にも履歴書等の添削、面接の練習、自己分析の支援、企業へのバックサポートまで対応して無料です。至れり尽くせりのように思えますが、なぜ転職サイトは充実したサービスがあるのに無料なのでしょうか?

 

無料と聞くと、何か裏がありそうな気がしている人は、転職サイトがどのように運営されているか知っておきましょう。当然ながら、転職サイトにも利益が生じています。

 

転職サイトの収入減は転職先の企業

転職サイトは、サイト利用者が転職サイトを通じて企業に採用されたとき、その成果として転職者年収に見合った報酬を受け取っています。その相場は年収の1/3程度と言われており、年収500万円の企業に転職できたら転職サイトは160万円の収入があるのです。

 

企業はなぜ年収の1/3も支払う?採用しにくいのでは?

500万円の年収を予定している人を紹介してもらい、160万円もの大金を転職サイトに支払うと、企業が転職者を受け入れにくいのではないか。そう思うのも無理はありませんが、その可能性はごく僅かだと思って間違いないです。年収の1/3という報酬は、それほど極端に高額ではないからです。

 

企業が求人を出すときに使う方法は、公的機関でもあるハローワーク、社員の紹介によるもの、いわゆる求人広告、転職サイトに分かれます。この中で、転職サイトに高額な報酬を支払う理由を考えてみましょう。

 

ハローワークや紹介では求める人材が集まらない

ハローワークの目的は、広く万人に向けて求人情報を発信し失業者を減らすことであって、企業が500万円を支払っても欲しい人材が、ハローワークで転職先を探すほど仕事に困っていることはまれです。また、紹介で入社させると、紹介者に余計な配慮しなくてはならず、あまり積極的には利用されません。

 

広告費が高いのは求人サイト

ほとんどの広告は、掲載単価と掲載期間によって広告料が決まっています。そして、求人サイトの広告料は、1週間で20万円以上になるほど高いです。仮に、1ヶ月掲載すれば100万円以上かかってしまい、だからといって求める人材が集まるとは限りません。200万円をかけて2ヶ月掲載しても、採用に至らなければ次の月からは掲載されず無駄です。

 

成功報酬型の転職サイトだからこそ可能な仕組み

転職サイトの場合、1回で支払う報酬は大きいですが、採用に至った時点で費用が発生するため、採用枠に対して予算を組むことができますから、企業にとっても無駄な出費を抑えられます。ハローワークや紹介では人が集まっても採用できず、不確実な求人サイトに高い広告料を支払い続けるのであれば、転職サイトに予算を配分したほうが費用対効果は高いと判断するのです。

 

求人サイトと転職サイトの応募が競合した場合は?

転職サイトの仕組みがわかったところで、次のような疑問が生まれないでしょうか。もし、近い経歴の人が求人サイトと転職サイトから同時に応募してきたら、転職サイトから採用すると高額の報酬が発生するので、求人サイトから採用するのではないかという点です。確かに全くないとも言えませんが、それほど心配しなくても大丈夫です。

 

1つはどちらからの応募でも両方採用する可能性があること、もう1つは求人サイトからの応募よりも、転職サイトからの紹介のほうが、募集条件に合った価値の高い人材であることが多いからです。

 

余程人が足りない企業を除くと、全ての求人メディアで募集することはありません。とにかく人を集めないと事業が進まない場合には、求人サイトでも転職サイトでも募集しますが、そのような状況なら、最初から複数人を採用するつもりで募集するため、近い経歴の人が両方から応募したとしても、採用基準を満たしているなら両方採用する可能性が高いのです。

総合転職サイトランキング