MENU

IT業界の営業に求められる人物像

営業職は、取引先の人間との交渉が基本的な仕事になります。その為対人スキルがないと務まりません。特に仕事として取引先と話をすることが営業職の重要な仕事内容となりますので、もちろんただ人と話すのが好きというだけでも営業職での実績を残すことはできないでしょう。

 

IT業界の営業に求められること

営業に必要なのは人と円滑に会話をすることができるコミュニケーションスキルに加え、相手に出来るだけ好印象を与えることができるヒューマンスキル、そして自社製品の素晴らしさを簡潔かつ最大限に相手に伝えることができるプレゼンテーションスキルです。これらのスキルを併せ持って初めて営業としての実績につなげていくことができるのです。もちろんこれはIT業界の営業であっても同様です。

営業力プラス専門知識

更に営業が成績を上げるのには十分な知識を持っていることも必要不可欠になります。まずはプレゼンテーションする自社製品に関する知識です。相手に紹介する自社製品に対してきちんとした知識を持っていなければ効果的なプレゼンテーションは行えません。たとえ付け焼刃な知識でプレゼンテーションを行っても、そこの浅さというのは相手には伝わってしまいます。

 

IT業界で扱う商品にはIT業界特有の知識が練りこまれているものですので、特にシステム開発に関わったことのある方などは営業職としても需要が高くなるでしょう。

 

また、自社製品をプレゼンテーションする相手先の業界についてもきちんと知っておかなければなりません。現在顧客の業界では何が求められているのかをきちんと把握していれば、製品に関する交渉もスムーズに進むでしょう。もちろん製品紹介の際にシステムに関する知識も必要になりますので、IT業界やシステムの知識も必要です。こうしたたくさんの知識を常に求めていられる勉強熱心な人が、IT業界の営業に向いていると言えるでしょう。

総合転職サイトランキング

IT業界の営業に向いているのはどんな人?関連ページ

IT系コンサルタント
SEの転職について