MENU

転職する年齢にタイムリミットはあるのか?

年齢が高いと転職に不利?

 

若い頃は、若いというだけで取り敢えず転職することができました。しかし、歳を重ねる毎に、それなりのスキルがないと上手く転職することができない状況になってきます。気が付くと、同期や上司が自分よりも若いといったことになって、肩身の狭い思いをしている方もいるのではないでしょうか。まだ未婚だから、誰にも迷惑をかけずに転職できると思っていても、実際には若い頃と比べて記憶力や精神力が落ちてきているのも確かです。自分ではまだいけると思っていても、年齢で撥ねられることが多くなってくるのも事実です。

 

転職は30代前半までと言われますが、果たしてどうなのかな、と考えます。たとえば、あまりコンピュータに触れてこなかった30代以上の方がIT業界に転職したい、となったとき、スキルがあれば採用されたりするわけです。つまり、フットワークが軽くないとやれない職業ならまだしも、スキルの必要な職業ならできるわけです。

 

ただ、現状は、すでにスキルを持った状態じゃないと採用はしてくれないという会社側の考えも当然わかります。しかしここは試用期間として給料を半額にして、スキルをつけるための教育のみを施す。力がつけば試用期間終了とする、みたいなことをやってくれれば社員のやる気も上がるのではないでしょうか?いきなり、正社員と同じ業務をやりながらスキルをつける、こうなると、つぶれてしまうのもわかります。教育制度がどうなっているのか、もっともっと会社の内情をクリーンに示してくれたら仕事探しや転職活動がスムーズにいくと思います。

 

不都合な年齢とは?

転職活動をする方の年齢は、若い方もいれば家庭を持っている方など様々です。企業に体力があれば、若い人を雇って人材育成をして長く働いてもらうということもできるでしょうが、兎に角、即戦力となる人材が欲しいというケースも多くあるでしょう。

 

しかし、1度に複数人を採用する時に、年齢が35歳前後の方がいると、人によっては扱いづらかったり、若い人よりも覚えが悪いと見られてしまうことが多いようです。IT企業などでは、35歳を過ぎると、限界を感じると言われているように、職種によって始めるのが遅いと付いていくのが難しいという場合もあります。しかし、諦めずに挑戦することが重要なのです。

 

ターニングポイントかもしれないがリミットを決めてはいけない

確かに、鉄は熱いうちに打てというように、若い方の方が教えがいがあるのは事実です。自分のスキルを認識することは大切なことですが、転職は無理だと簡単に諦めるのは間違いです。自分のハードルを目標よりも高く設定して挑戦しなければ、転職活動は成功しません。これなら大丈夫だろうと、設定したハードルを越えるのは簡単ですが、ちょっと無理かもしれないというくらいの目標を設定して転職活動をした方が、理想とする転職先に就職することができるのです。

 

また、年齢や学歴に関係なく募集をかけている企業も探せば沢山見つけることができます。先ずは、面接してくれるところがあれば、どんなところでも受けに行こうという気持ちが大切です。書類選考が通りにくいというケースは、それ程多くないと言われています。その先の2次面接がどうなるかは、考えてもしょうがないので、自信をもって応募しましょう。

 

面接会場で、自分よりも若くてイキイキした表情の応募者を見ると、自信を無くしてしまいそうになるかもしれません。しかし、自分には社会経験が長く、スキルもあるのだと、堂々とした態度で面接に挑まなければいけません。面接官も、面接する前から年齢のことは分かっているのですから、自分ができることを一生懸命アピールすればいいのです。若ければ、教え込みやすいかというとそうではありません。若い人を育成するための人材自体が不足している企業が多くなっていますし、競争意識の低い若者よりも、切羽詰まった状態の35歳くらいの方の方が、頑張って働いてくれると見ている企業も沢山あります。逆に、年齢を気にし過ぎていると、自分でチャンスを逃しているかもしれません。年齢を言い訳にして、転職が上手くいかないと嘆いていても、何の解決にもならないということです。

 

それでも年齢がネックになることも

企業によっては、年齢を重視している場合もあります。仕事の内容的にハードだったり、覚えることが多いと若い方を優先的に採用したいと考えている場合があります。また、給与が低いので、若い人しか採用しない方針で募集している場合などもあるでしょう。企業を選ぶ基準を給与だけにしても、企業側がどんな人材を望んでいるのかを理解していないと、無駄に面接に時間を費やしてしまうことになってしまいます。

 

明らかに、若い年齢層を募集しているところにエントリーをするよりも、年齢に関係なく募集をかけているかどうかといったことにも注意して転職活動をする必要があるのです。また、転職サイトに登録することで、担当者が自分に合った仕事を紹介してくれますので、担当者としっかり自分の希望を伝えておくことも重要です。

 

新しい業界に挑戦する

募集要項に、未経験者歓迎、未経験者可などと書かれていると、未経験の職種でも上手くいくかもしれないと、期待するものです。今までのスキルを活かして働きたいけれど、中々希望に沿った仕事が見つからないと、未経験の仕事も視野に考えてしまいます。

 

採用年齢に限界はあるのか?

年齢が高い方を採用するということは、その人の職歴やスキルが期待されているということです。いきなり新しい職場に入って、苦心されるかもしれませんが、年齢は関係ないと企業側が判断して採用してくれたのですから、期待に応えられるように頑張るだけです。しかし、職場の人間が自分よりも若い方が多いと、やりずらさを感じるかもしれません。そのような場合は、兎に角、謙虚さを忘れずに淡々と邁進していけばいいのです。仕事は、一人の力だけでは成し遂げることはできませんので、職場に馴染むこともスキルの一つだと思います。

 

50代でも働けるポジションがある

50代では、絶対に転職なんて無理だろうと諦めていてはどこも雇ってくれません。50代だからこそ重宝がられるポジションは探せばあるものです。例えば、コールセンターのクレーム対応などは、若過ぎると顧客側が納得しないというケースが多く見られますが、50代くらいの落ち着いた声の男性に対応が変わっただけで、クレーム対応の時間がびっくりするほど短くなったということがあります。
年齢が高いということが逆に活かされることもあります。クレーム処理なんてやりたくないと、思われるかもしれませんが、他にも年齢が高い方が有利な仕事はありますので、諦めずに転職活動を続けることが重要なのです。

 

例えば、女性であれば和服売り場は、若い方よりも年齢の高い方の方が有利だと言われています。また、宝飾品などの販売や、保険の営業なども年齢の高い方の方が、知識や経験が豊富で安心感を与えることができるといったことから、若い方よりも採用されやすいと言われています。

 

未経験の仕事に挑戦する場合

今まで接客業しかしてこなかった方が、いきなりテクニカル系の仕事に就けるかというと、かなり難しいといえます。未経験者でも応募できるうえに、研修期間があるから大丈夫と、前向きに検討しても実際には、ある程度の知識や経験がないと研修に付いていけないことが大半です。せっかく新しい仕事に就いても、畑違い過ぎると自分も、企業側も辛い思いをしてしまいます。

 

また、年齢的に即戦力になるだけでなく、職場においてリーダーシップを発揮することができるという強みもあります。若くて経験の少ないチームを率先して、問題点を改善していくなど、引っ張っていく力や、チーム全体を統括して一人ひとりに適した役割分担ができるマネージメント能力などを振るうことができます。それに、年齢が高い方が社会経験が豊富なので、協調性が高く新しい職場でも意思の疎通を上手く図ることができます。

 

しかし、自分のスキルを過信して、前職との仕事の進め方などが違うことで下手に口出しせずに、謙虚な姿勢でいることが大事です。そして、年齢に捕らわれずに新しい環境への適応力が高くまだまだ成長できるという姿勢をアピールすることがポイントです。
新しい職場で、率先して会社に貢献したいという気持ちを失わずにいることが重要です。

 

転職に求める条件と求められる年齢

転職活動をしている時は、できれば現状維持を希望している方が殆どでしょう。しかし、現実には前職よりも給与が下がったというケースが50%という厳しい結果が出ています。仕事はこれからの人生を左右するかもしれませんので、妥協して転職するのはよくありませんが、悲観せずに自分の身の丈にあった仕事を見つけることが得策です。
面接の練習に受けに行った企業の条件が思っていたよりも良くて、すぐに即決して転職できたというケースもあります。前職と比較するときりがありませんし、前職よりも良いところがあるかもしれません。良いと思って転職しても、入社後に失敗だったかもと、気付く場合もあることでしょう。いずれにしても、何か妥協して自分の中で折り合いを付けなければいけません。

 

良い条件で転職できたと思っても、新しい人間関係に難しさを感じてしまうこともあります。自分では、何とも思っていなくても、年下の上司が自分よりもスキルが低くて上司の方がやりずらいと感じたりすることもあると言われています。また、転職活動では、家族の理解を得ることも大事です。家族ときちんと話し合い、家族の応援があってこそ転職活動も上手くいきます。

転職口コミ情報

 

 

40歳で転職歴2回の経験談

私は現在40才で、過去に2回転職をしています。つまり現在の会社が3社目。5年前に体験した、2回目の転職活動のことを紹介します。そのときの転職は、出版業界から広告業界へ業種が変わる転職でした。職種(編集・制作→デザイン・制作)としては若干かぶる部分はあるものの、いわゆる畑違いの難しい転職でした。
しかも当時35才、コネなどではなく一般的な転職としては最後のチャンスでしたが、広告制作をしたいという夢をどうしても叶えたかったのです。結果的には、応募数50社以上、うち書類選考を通過し面接を受けたのが5〜6社、うち内定をいただいたのが2社でした。現在は、その2社のうちの1社で働いています。この会社で働くことになったことを後悔はしていません。なかなか転職先が決まらないので、当時は「予想以上に厳しい!」とめげそうになっていましたが、今となってはいい思い出です。

40代男性


 

総合転職サイトランキング