MENU

転職サイトは自分にあったスタイルのものを選ぶ

転職サイトの種類

 

どのようなタイプの転職サイトがあるのか?あなたが転職を考えたとき、まず転職サイトに登録しますよね。しかし、実はこの転職サイトは2種類に大別できるのです。あなたはどちらのタイプに登録したでしょうか?ぱっとわからない方は、ここから先をぜひ読んでみてください。

 

2つのタイプの転職サイト

まず、この2種類というのは、コンサルタント型と自己検索型です。つまり、コンサルタントに相談して転職先を探してもらうか、自分でひたすら検索して転職先を探すか、の違いですね。では、その双方詳しくみていきましょう。

 

コンサルタント型の転職サイト

こちらは、サイトに登録をした後、その企業へ行く必要があります。そこで、ヒアリングを行うのですね。リクルートエージェントの場合も同様です。本社や支社で面談をし、ヒアリングが行われます。このときに、担当のコンサルタントと話すことになると思います。基本的に、聞かれたことに対して答えればよいのですが、大体話すことは、あなたの転職に関しての希望条件などをきかれるでしょう。

 

転職先に求めていることなどを話しましょう。このヒアリングにおいて、コンサルタントはあなたへ合った仕事を探してくことになりますから、本当の自分を隠さずに、嘘をつかずに素直に質問に答えるようにしましょう。嘘をつけば、嘘をついたなりの転職先につくことになりますから、後で自分が苦しむことになるので気をつけましょう。コンサルタントはあなたの味方であることを、忘れずに。できれば、自分の考えをある程度まとめておいてから面談にのぞめるとよいですね。せめて、どのような条件を求めているのか。これぐらいは明確にしておきましょう。

 

また、履歴書や職務経歴書の正しい書き方や面接での上手な受け答え方なども教えてくれるでしょう。以上のように、コンサルタント型の転職サイトに登録すれば、心強い味方ができるので非常に効率の良い転職活動ができることでしょう。きっと条件のいい勤務先が見つかると思います。また、アドバイスを受けたのであれば、面接などでも自信をもって受け答えできるでしょう。

 

→コンサルタント型の転職サイトがおすすめな方

 

自己検索型の転職サイト

こちらは自由に自分で転職先を探し出すことができるのがメリットでしょう。膨大な求人情報の中から、希望の条件を絞り込んで探す方式です。年収、希望職種、業種、勤務希望地域など、明確にわかっている方はそれをどんどん検索していけばよいのです。しかし、このような検索型の転職サイトで転職先を探すときにはいくつか注意しなければならない点があります。

 

その一つが、サイトからでは実際の企業の社風がわからないということです。大抵が、都合のいいことばかりしか書いていませんから、現場での雰囲気などはまるで伝わってこないでしょう。仕事をしに会社に行くのだ。とはいっても、やはり人と人とのかかわりは避けられないものです。社風や社の理念などがまったく自分に合わないものであったら、もし、希望の職種、業種、勤務地域などが当てはまっていても仕事自体はうまくいかない、などということになってしまいかねません。

 

最近では、写真や動画、実際に働いている社員さんのインタビューなどが載っている場合もあるので、そういうところからよくよくその企業の雰囲気を感じ取るようにしたほうがいいですね。

 

→自己検索型の転職サイトがおすすめな方

 

転職サイトは自由に選択可能

さて、このようにそれぞれ特色のある転職サイトですが、どちらを選ぶかはもちろん自由です。しかし、おすすめするならばコンサルタント型だとはっきり言えます。理由は、上記をもう一度読んでいただければわかることと思います。コンサルタントは、転職のプロなのですから、サイトを閲覧しただけではわからないことまでわかります。あなたの隠れた才能を見抜いてもらえるかもしれません。

 

今まで気づかなかった欠点を教えてくれるかもしれません。わからなかった、面接時でのマナー違反なども改善してくれるかもしれません。なにより、コンサルタントはあなたの強い味方となってくれます。一人よりも、プロの力を借りて、失敗しない転職を目指してみてはいかがでしょうか。

総合転職サイトランキング