MENU

転職サイトを複数利用し自分にあったサイトを選ぶ

転職サイトを複数登録

 

評判の良い転職サイトに登録をしても、自分の転職活動がうまくいくかどうかを左右するのは、コンサルタントとの相性や実力なのです。転職サイトの基礎知識にも書いていますように、転職活動に関わるいろいろなことを直接お手伝いしてくれるのは、コンサルタントだけなのです。ですので、コンサルタントと自分との相性が合わなかったり、仕事を全然してくれないコンサルタントが担当になってしまった場合は、無駄な時間だけが過ぎてしまうということもあるのです。

 

転職サイト自体はすごく良いところでも、担当のコンサルタントの質が悪ければ、あなたの転職活動は最悪なものになってしまう可能性もあるのです。担当のコンサルタントは、変更をしてもらうことも出来ますので、自分に合わないと感じたらすぐに変更の依頼をしてみて下さい。とはいえ、次の担当コンサルタントを見つけるのに時間が掛かってしまうこともありますので、登録をしておく転職サイトを複数にしておいて、併用してサービスを利用するのも1つの手段かなと思います。

 

転職サイトを複数登録することは可能

登録をしておく転職サイトは、少なくても2〜3社くらいはしておきましょう。この中で自分に合っているコンサルタントを見つけることが出来れば、あとは1社に絞って転職サイトを利用し、転職活動を続けていけばいいかと思います。

 

中には、1人のコンサルタントで多数の求職者の転職活動をサポートしているところもあり、そういった転職サイトでは、満足のいくサポートを受けることが出来ないことが多いです。こういったときに、すぐに別の転職サイトを見つけれるよう、複数の転職サイトを平行して使っていた方が、転職活動を効率的に行うことが出来ると思います。徐々に自分に合った転職サイトを絞っていっても大丈夫ですので、ベストな転職サイトを見つけて下さい。

 

ハローワークと転職サイトの併用

転職サイトを複数登録する以外にも、ハローワークも併用して利用するのもいいかと思います。ハローワークは、転職サイトと違い、求人を募集する側の企業がお金を支払うことがありません。ですので、ハローワークで転職活動をサポートしてくれるスタッフの方は、会社の利益のために何が何でも就職をさせようとは思っておられません。

 

求職者の要望に合った求人情報を紹介してくれるのです。転職サイトは、自分の会社の売り上げを上げたいということから、求職者の希望に合わない転職先を勧めてくる場合もあります。特に、ノルマを達成することに躍起になっているコンサルタントは、求職者の要望すら聞いてもくれないのです。そういった対応を受け、それが当たり前のようになってはいけないので、ハローワーク という別の環境でもう1度自分の転職活動を見直してみるのもいいかと思います。

総合転職サイトランキング