MENU

看護師の転職動向を知っておこう

看護師という職業は、世の中にとって無くてはならない職業なのですが、最近、看護師の人数が減ってきており、深刻な人手不足問題に直面していると言われています。全国にあるどの病院でも、看護師を募集されているくらいに、看護師は不足しているのです。

 

しかしこの看護師不足は、看護師として働きたいと思われている方には大きなチャンスでもあるのです。病院側もどうしても看護師を雇い入れたいと考えているので、こちらの条件を呑んでくれることもとても多いのです。ですので、転職活動をされている方は、妥協をせずに自分の希望の条件に合った職場を見つけて下さい。最近では、看護師の職を専門とした転職情報サイトもたくさん登場してきています。看護師の職だけの求人を集めて掲載しているので、他の総合求人サイトに比べると好条件の転職先を見つけることが出来る可能性も高くなります。

 

看護師転職サイトの無料のサポートで希望の職場へ就職

看護師の仕事は誰もが出来る仕事ではありません。看護師の仕事はハードなものが多いことから、転職をされる方も多いそうです。看護師の方が転職を希望される理由の1番は、仕事内容では人間関係だそうです。看護師は仕事上とてもチームワークが大事になってくることから、人間関係が良くないと仕事に大きな支障をきたすのですね。

 

看護師の転職先を見つけるツールとして人気なのが、看護師転職サイトです。サイトでは、看護師の仕事を探してくれるだけではなく、転職活動のさまざまなサポートも行ってくれるのです。転職サイトに登録をすると、専任のコンサルタントがあなたの転職活動をしっかりとサポートしてくれます。またこのサポートは全て無料で受けることが出来ますので、安心をして下さい。あなたの転職先が見つかるまで、コンサルタントが親身になって転職先を探してくれたり、転職活動のサポートをしてくれます。

 

転職サイトを利用しようという方は、まずは登録をしてからキャリアアドバイザーと面談を行って下さい。面談の際には、ご自身の転職先の要望をしっかりと伝えて下さい。そこからは、コンサルタントにお任せをして、あなたの希望の転職先に入職するだけです。

 

今後求められる看護師の資質と教育

毎年の看護師の輩出状況について述べると、国内で、今看護師養成機関として、看護専門学校(養成所)、看護系短期大学、看護系大学などがあり、その定員数は、約5万人弱と調査されている。このうち卒業者は、約94%、4万6千人弱、国家試験の合格者数は、卒業者の約91%、4万2千人弱、さらに病院などへの就職者は、合格者の約92%3万8千人あまりという状況が、日本看護協会の実態調査から明らかにされている。

 

さらにその後、1割近くの新人看護師が離職しているということも浮き彫りになっている。昨今の厳しい雇用情勢の中であっても看護師という職種だけは、引く手あまたであるにも関わらず、どうしてこのような状況が起こっているのだろうか。

 

近年の傾向として、看護専門学校などの養成所の入学者数に大きな変化はないものの、看護系大学の入学者が増加傾向にある。また大学では、入学者数と卒業者数がほとんど変わらないのに対して、養成所などでは、約1割近くが途中退学している模様である。以上の事から断片的な見方をすれば、看護師になるにあたって、極めて基礎学力が重要ではないかと言う仮説が考えられる。

 

看護師と言う職業は、医師などとともに患者の生命を身近で守るという(学力)能力的にも、体力面も、精神面もすべてが必要といっても言い過ぎではないと思う。看護師を目指した学生が最終的に資格を取得し離職せず、勤め続けている数の低さをみれば、求められている看護師像と自分が描いていた看護師像に大きなギャップがあったことが考えられる。

 

医療・医学の進歩に伴いそれについていく看護学も教育しなければならない内容が増加し、教育時間の少なさが一因として考えられるのではないだろうか。現行の看護教育制度およびそれ以前の基礎教育の抜本的改革が必要な時期にきているものと思われる。

 

多くの学校では、学生の学力低下に加え社会の変化、医療の高度化、過密なカリキュラムへの対応の課題を抱えながらも学生を卒業させ、国家試験に合格させているものの、いざ、現場にでてみると病院や医者、患者のニーズにあった教育を受けていないがために悩み、職場を去っていく人が相当数いることは否定できない。

 

医療機関における事故・インシデント(ヒヤリハット)の大半は、看護師が関わっている。その理由として基本的な技術や知識が身についていなかったり、専門部署への配置で何もわからいが、プリセプター制度のような指導者がいないなど、いつ重大な医療事故が起こってもおかしくないが、各病院とも各病院とも慢性的看護師不足から新人教育に時間が割けないなど問題を抱えている。

 

ただ、同じような問題は、経済状況の悪いどの業種にも言えることで、最小限度の人数で(新人も頭数に入れ)営業目標があるなど、決して看護だけに起こっている問題ではない。

 

しかしながら、医療現場である基礎知識不足は、患者の生命の危機に直結しており、抜本的な看護師教育の見直しが早急に必要である。既に看護職である皆さんは、自らの知識・スキル向上の努力を怠ることなく、新人の育成も手間がかかるが、ひいてはチームを通じて自分たちにプラスになることであるから積極的に行って頂きたい。これからは、病院や病棟の機能分化がより進む中で、医師・看護師を中心としたチーム医療が求められる時代であり、まずは現場からチームスキルを上げることに注力していかなければならない。

 

国民が安心して信頼できる医療を提供するためには、国が早急に教育全体の改革を行って行かなければ、今後進む少子高齢化、人口減少の前に医療の崩壊の可能性が出てくる。

 

 

看護師転職サイトランキング

ナースフル

ナースフル

求人数 支援金 運営会社 おススメ度
非公開 なし (株)リクルートドクターズC 5つ星

看護師転職サイトへ

ナースではたらこ

ナースではたらこ

求人数 支援金 運営会社 おススメ度
90,000件以上 - ディップ株式会社 5つ星

看護師転職サイトへ

ナースエクスプレス

ナースエクスプレス

求人数 支援金 運営会社 おススメ度
非公開 なし 株式会社メディカルリソース 5つ星

看護師転職サイトへ

看護師の転職動向について記事一覧

最近では本当にたくさんの転職サイトがあるので、転職活動をする際は、サイトを利用して安心して転職活動を行うことが出来るのですが、あまりにもサイトの数が多くなり、求人の情報量も溢れかえっていることから、情報に振り回された結果、希望の転職先に就職することが出来なかったという事例もあるのです。転職をしたにも関わらず、転職先の職場でもまた辛い思いをしなければならないなんて、本当に災難ですよね。そういった転職...