MENU

新しいことにチャレンジするために転職した経験談

新しい仕事にチャレンジ転職口コミ情報

常にチャレンジしていたい

転職を考えるきっかけとは何だったのか?という事を考える事があります。色々な事が引き金になると思いますが、その辺の理由は様々です。
新しいチャレンジがしたいという理由であったり、人間関係だったり、私の場合はやはりチャレンジという事になると思います。

 

物事を達成すると新しい目標が欲しくなる、そしてそんな目標に向けてチャレンジする事が好きな性格ですから目標に向けて走っている時や、又困難な目標に立ち向かう性質があります。新しいものを創りだすのが好きだという事かもしれません。ただし転職を考える際、今自分が抱えている仕事に関してもある一定の達成感を求めそれが終了するまでは、次のステップには進みません。

 

次のステップとは当然、転職の事を意味します。重要なのは、仕事を終了させて次に向かう事!それはいつも心がけているつもりです。そう考えると転職のきっかけとは、目標を達成するちょっと前くらいに現れて、転職意欲というのを掻き立てるということでしょうか?

 

新天地というのは自分自身にも良い影響があると思います。新しい発想や新しい人間関係が構築され、経験値もその分積み重ねていかれます。

 

人生の転機という言葉のように、目標を持ち目標を達成するというサイクルが自分自身に転職のきっかけを作らせていると思います。

 

(30代男性)

 

全くの未経験からのグラフィックデザイナーへの転職

転職を考えたとき、現在の自分の職種をもとに「できる仕事」「同じ職種でステップアップ」を想定することが一般的だと思います。かく言う自分もそのように考え、転職サイトを転々と眺めていました。

 

しかしある時、学生の頃の憧れだったグラフィックデザイナーの仕事を「未経験歓迎」として募集している会社を見つけたのです。いつもの自分であれば、経験もないのに今からデザインの仕事に飛び込むなんて無理だと、最初から詳細を読むことすらしなかったでしょう。

 

しかし今回は燦然と輝く「未経験歓迎」の文字。雇用形態は契約社員です。安定した正社員での転職を探していた自分にとっては少し腰が引ける形態です。それでも、「未経験歓迎」の文字に導かれるかのように私はその会社の面接を予約していました。かくして私はその会社に採用していただき、現在グラフィックデザイナー見習いとして働いています。

 

まだまだ修行中の身ではありますが、イラストレーターやフォトショップ、DTPといったソフトを人並みに使えるようになり、小さなデザインの仕事も任されるようになりました。経験を積めば、いずれ正社員として雇って貰うことも可能だと言います。技能を身につけることができたので、転職することもできるでしょう。

 

あの時「未経験歓迎」につられて求人に応募しなければ、今の自分は存在しなかったはずです。年齢のこと、経験のこと、足踏みする理由は様々あると思います。

 

しかし、契約社員からでも、また例えばアルバイトからだって経験を積めばものになる職種が存在します。もしもやりたいことがあるならば、思い切ってぶつかってみれば新しい道が開けるかもしれません。転職を考える皆さんには、沢山の可能性があることを知っていてほしいと思います。

 

(20代男性)

総合転職サイトランキング