MENU

コネやつてを使っての転職体験談

知り合いの誘いや手助けからの転職口コミ情報

転職活動における転機をつかんだ体験談

私は半年間という契約期間だけ高校での事務職員の仕事を経験しました。半年間の仕事を行いながら、時間の合間に転職活動を行っていました。転職を希望している職種は、主に事務職であって、転職の期間中に仕事として行っている事務の仕事のスキルがある事をアピールしました。

 

また、半年で契約期間が切れて期間満了で退職となるので、期間満了した後で仕事を始められる会社を訪問しながら転職活動を行いました。

 

しかし、仕事を希望している会社の採用担当者が、私の履歴書や職務経歴書を見ると会社に必要としているスキルに達していないために、採用を見合わせるケースがほとんどでした。高校の事務の主任に対して、私の転職活動の事を伝えると、転職活動に関する転機のコツを教えてもらって、時間があれば事務の主任と一緒に知っている事務所などに訪れて、私のことを紹介してくれたので、転職の転機をつかめました。

 

(20代男性)

 

今の職場に転職した理由に関して

私は2009年までは派遣社員で労働をしていたが、リーマンショックの影響で請負先の企業から突然に生産の縮小を告げられて、仕事の契約の期間中でありながら派遣会社から契約の終了を宣告されました。

 

契約期間は6ヶ月であったが、仕事の契約終了が宣告された時は契約終了まで1ヶ月を切っていたので、転職した理由に関して会社の事情による理由から、急いで転職活動を行いました。これまで派遣会社で勤めてきた仕事の内容は、製造関係の仕事であったが、大学で商学部を専攻していたので、販売職の正社員の仕事を目指していました。

 

いくつかの販売職の企業を回ったが、職務に関する経歴が乏しくて、なかなか採用されなかったが、知り合いのパートの人が現在働いているお店の店長に紹介してくれて、お店の正社員として就職が決まりました。人脈というものは私にとって一番大事な宝です。

 

(30代男性)

総合転職サイトランキング