MENU

みんなの転職を考える理由を調査

転職を考える理由についての口コミ情報

私が転職を考える理由

皆さんは今の仕事にやりがいを感じていますか。私は今までの中にパートとして、サービス業をしたことがありますが、転職をしたいと思ったことが何度もありました。仕事をしているうちに自分がやりたいことと違うなと感じ始めてくることです。だからと言って、特に資格などはありませんが、私は接客業やサービス業は合わないのだと感じるのです。その瞬間に転職しようかなと考えました。

 

給料と仕事量が合わないという点です。この世の中仕事の量は増える一方で給料は安いのがほとんどでしょう。しかし、好きな仕事なら我慢するのでしょうが、自分のやりがいのない仕事だと同じ時間同じ量の仕事をするのなら、高い給料の方が良いと考え、転職を考えました。

 

パートと正職員との差に落胆してしまう時です。分かっていて、仕事を始めたはずが、仕事をしていくうちに、同じ仕事をしていて何故だろうだとか、むしろ正社員の方が楽しているんじゃないかと思った瞬間です。

 

職場環境ではないでしょうか。職場の雰囲気って重要だと思います。仕事や給料が安くても職場の人や環境が良いと、この職場で頑張ろうと思いますよね。

 

そして五つ目が結婚している人は勤務時間などですね。子供がいればなおさら勤務時間や、待遇で転職を考える瞬間だと思います。私が転職を考えたときは、今掲げた理由からです。現在は好きな事務の仕事に就いています。自分に合った好きな仕事ってあると思います。それを見つけるまで時間がかかる人もいるでしょうが、妥協せず自分の好きな仕事に就いてほしいと思います

 

(30代男性)

 

転職の理由はずばりお金

転職するにあたってまずは自分の今いる環境、状況の把握をしました。今のお給料で満足か?今の仕事内容で満足か?将来性はあるのか?など、まずは思いつくままに色々と考えました。その上で、何を一番重視するかを決めていきました。自分の性格から、未経験の業界でもなんとかやっていけるという自信がありましたし、そこはあまり重視しなくてもいいかなと。

 

もちろん今までの経験を最大限に生かすことが出来る仕事ならいいですが、それは自分の中で刺激が足りないかなと感じていました。そこで一番重視したのはずばりお給料です。今までやっていた仕事内容とお給料を冷静に照らし合わせると、いまいち納得のいかない部分があり、それじゃあ納得できるお給料をもらえるところに転職してしまおうという理由から転職するにいたりました。

 

(30代男性)

 

自分がどこに進みたいのか何をしたいのか

大学卒業後、数年間事務職をしていました。毎日特に何も変わらなくて、仕事はそんなに忙しくないし時間ができればコンパやら習い事やらをしていました。ずっとこのままでいいものだと思っていました。

 

ある日、久しぶりに会った昔の友達と話してい時に、その友人も私と同じような生活をしていたんですがふと彼女がつまらそうに、私の目には映りました。ほとんど私と同じ生活を続けているのに。私自身は自分ではつまらないと思ったことがなかったのに。だけど友人を客観的に見てつまらなさそう、と私は思ったのです。

 

その時にスイッチが入りました。この人生、このままでいいのかって。その日から私は自分がどこに進みたいのか何をしたいのか考えました。そして半年後になりますが、就職活動では選考落ちした会社に中途採用として入社することができました。

 

(20代女性)

 

やりがいを求めて転職!

これまでやっていた仕事は、お給料は満足していましたが、仕事の内容がいまいち自分に合っていなくて、単調でとてもやりがいといえるものが無かったです。この先もこの仕事を続けていく自分の姿が全く見えなかったので、それならば、失敗してもいいから厳しい環境の中で自分を試してみたいと思い、やりがい重視で転職先を探しました

 

もちろんお給料や福利厚生の面で最低限の基準を設け、その基準をクリアしていて、やりがいのある仕事であればと思い探しました。やはり仕事は人生の大部分を占め、生きがいともなりえるわけですから、やっていて楽しいだとか、人間として成長できる経験を積めるというのはとても大切なことだと思います。楽でお金もらえればいいやという考えもあるかもしれません。でも、人生一度きりですから、後悔しないような職選びというのも大切だと思います。

 

(20代男性)

総合転職サイトランキング