MENU

やりたいことの為に転職した経験談

やりたいことに向かっての転職口コミ情報

やった後悔、やらない後悔、どちらを取りますか?

この景気の低迷したご時世に、せっかく就いた職から離れ、転職をする事はそれなりの勇気と覚悟が必要だと思います。転職する理由は人それぞれだと思いますが、私の場合、収入よりもやり甲斐を重視した事にあります。利益を上げる為に必死になり、寝る間も惜しんで会社に貢献すると、結果次第では自分に反映されますが、直接的な見返りという点では欠けてしまう事もありますので、私はそういった利益をリアルタイムで且つ、目の当たりに出来る仕事を見つけ、転職に至りました。

 

こういったメリットはあるものの当然、デメリットも発生してきます。肝心なのは、デメリットよりもメリットをいかに生かし、それに対して熱中でき、そして、末永くずっと続けられる事だと思います。目先の利益に目がいってしまうと、大概長続きしない事がこの数年でよく分かりました。少しでも自分のやりたい事に限りなく近いものを見つけ、ゆっくりでも良いので確実に前へ進める、やり甲斐を存分に味わえる仕事が何より理想です。

 

しかし、現実問題、家庭を持った方ですと中々そうも言ってられません。家族を養う為にコツコツ働くのは立派ですし、当の本人がそれで満足なら問題はないでしょう。ですが、迷っているなら、いきなり転職はしないでも、やりたい事があるならとりあえずでも良いですから、自分なりに調べ、空いた時間にでも出来ることなら体験的にでもやってみるべきです。その行動をとるかとらないかで、その人のやりたい事に対しての本気度が問われる事と思います。

 

(30代男性)

 

夢を追いかけたい!!

学習塾で4年間働いていました。自分自身、勉強は得意ではなく、教える自信もまったくありませんでしたが、思い切ってこの業界に飛び込んでみました。自信のなかった点については先輩社員の研修によりみるみる内に克服できていきました。

 

中学生相手に英語、社会、国語を教えましたが、英語のbe動詞すら怪しかった私が、手前味噌ですが人気講師になれたのも、この研修制度のおかげです。ただ、授業をしているうちに少しずつ、この子たちが主役のストーリーを考えてみたいと思い始めました。それに語学にも興味がわいてきました。この会社に入ったからこそたどりついた夢だと思います。なので、思い切って会社をやめて、作品を作って恩返ししていこうと、今は執筆作業に燃えています。

 

(20代男性)

総合転職サイトランキング