MENU

自己検索型の転職サイトのメリット・デメリット

自己検索型の転職サイトとは

 

転職活動を行う際、コンサルタント型の転職サイトを利用する方法と一般の検索型の転職サイトを利用する方法があります。最近ではコンサルタント型の転職サイトの人気が高まっていますが、検索型の転職サイトの利用にもメリットはあります。

 

自己検索型の転職サイトのメリット

検索型の転職サイトの場合は転職サイトのように専任キャリアアドバイザーが存在しません。その為自分のペースでの転職活動が出来ます。担当者が付くとどうしても気持ちが焦ってしまう方には、検索型の転職サイトの方が落ち着いて転職活動ができるでしょう。

 

また、検索型の転職サイトは転職サイトとことなり、転職が決まった場合でも企業からサイトに支払われる成功報酬が発生しません。その為、自分と同じレベルの人材が転職サイトを通して同じ企業に応募していた場合、経費の関係で自分が選ばれる可能性が高くなります。これもまた検索型の転職サイトを利用した転職活動のメリットと言えます。

 

自己検索型の転職サイトのデメリット

反対に検索型の転職サイトで転職活動を行う場合、求人情報の絞り込みや面接のスケジューリングなどを全て自分で行わなければならないというデメリットがあります。当然面接テクニックや、企業受けの良い履歴書の書き方を教えてもらうこともできません。完全に自分一人で転職活動を行うことになるため、在職中で忙しい方には少々煩わしく感じられるかもしれません。

 

他にも転職サイトの場合、自己検索型の転職サイトでは知ることが出来ない求人情報が掲載されている場合があります。非公開求人と呼ばれる種類の求人情報で、応募が殺到するのを避けるために一般求人としては公開されていません。転職サイトを利用すれば、条件の良いこうした非公開求人を漏らさず見ることができます。

 

あなたのスタイルにあった転職サイトをうまく利用

こうして比較してみると転職サイトと検索型の転職サイトのどちらを利用するべきなのか迷ってしまうかもしれません。どちらのサイトにも一長一短があり、一概にどちらが優れているとは言い切れません。ですが敢えてどちらを利用するべきか決定するポイントとして挙げられるのは、その人にとって利用しやすいサイトを選ぶということでしょう。もしもマイペースに転職活動し、企業とのアポイントメントや雇用条件に関する打ち合わせが苦にならない方の場合は検索型の転職サイトの方が便利でしょう。

 

逆に転職活動が初めてで右も左もわからない状態の場合、手厚い転職サポートをしてくれるコンサルタント型の転職サイトの方が向いていると言えます。転職活動ペースにはこだわらず、とにかく好条件の求人情報が知りたいという方も転職サイトに登録して非公開求人を探すと良いでしょう。それでもやっぱりどちらを利用するか迷ったら、まずは思い切って両方のサイトを利用して転職活動を行うのも良いと思います。そうしてそれぞれのメリットを活かし、自分に合った転職活動を実現することも可能です。

総合転職サイトランキング